トップページ >  > 不貞行為とはどういった行為の事を言うのか。不貞行為の定義とは?

不貞行為とはどういった行為の事を言うのか。不貞行為の定義とは?

民法770条1項は、裁判上の離婚要件について規定し、その1号において、配偶者の不貞行為を定めています。しかし、同条文には、不貞行為についての明確な定義を示していません。したがってこの点については、裁判実務において、つまり判例上定義が定められています。判例によると、不貞行為とは、「配偶者のあるものが自由な意志に基づいて、配偶者以外の異性と性的関係を持つこと」と定義されています。さらにこの「性的関係」とは、実務上「男性器を女性器に挿入すること」によって成立するとされています。したがって、配偶者が異性とデートや食事、キスさらにはペッティンング等をすることは、人によっては浮気だと感じることがあるかもしれませんが、それ自体では裁判上の離婚の成立要件である不貞行為には該当しません。しかし、配偶者が他の者と性行為をしている場面の写真、動画などの証拠をとることは実際には容易ではありません。このような現状を克服するために、実務上「推認」が認められています。すなわち性行為中の写真や、動画がなくても、キスやホテルに出入りする際の写真等があれば、それらの証拠から不貞行為が推認され、770条1項1号の離婚要件とすることができるのです。

民法770条1項は、裁判上の離婚要件について規定し、その1号において、配偶者の不貞行為を定めています...