トップページ >  > 肉体関係の無い浮気は不貞行為ではないってホント?

肉体関係の無い浮気は不貞行為ではないってホント?

不貞行為とは、法律用語であって、民法770条に離婚事由に該当するものとして規定されています。民法の条文上では「不貞行為」という用語は記載されているものの、その行為が実際はどのような行為かという内容についてまでは記載がありません。そこで、まずどのような行為を不貞であるというのかについて説明します。判例によりますと、不貞行為とは性交渉、すなわち「肉体関係」があるものを不貞行為としています。肉体関係ですから、たとえば奥さんに内緒で密会してディナーにいったとか、デートをしていたというだけでは不貞とはみなされないでしょう。また、肉体関係ということなので、身体の接触があっても、手をつないだとか、腕を組んで歩いた、またキスをしたというのも肉体関係とは言い難いでしょう。奥さんとしてみたら、お金を払って女性と性的関係を結ぶのと、プラトニックな関係だけど、別の女性を好きになるのとでは、後者のほうが傷つくということもありえますよね。後者のような場合、不貞行為としての慰謝料は認められませんが、これを婚姻を継続できない重大な理由として離婚請求することは可能なのです。

不貞行為とは、法律用語であって、民法770条に離婚事由に該当するものとして規定されています。民法の...